ENGLISH
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • tumblr
  • youTube

ROKUMEI COFFEE CO.

  • カート

ふわっ膨らむコーヒーの粉。
ぽたぽたとコーヒーが滴る音。

“コーヒーといえばドリップコーヒー”なんてイメージの方も多いのではないでしょうか。

ゆっくりとドリップをしている時間ってなんだか心穏やかになりますよね。

ただドリップコーヒーって
お店みたいに美味しく淹れるにはなんだか難しそう…
なんてちょっと敷居が高く感じている方も多いと思います。

そんなあなたに、ご家庭でもプロのように美味しく淹れられるコツを大紹介いたします。


器具を揃える。

まずは器具を揃えないとドリップできないですよね!
手軽なドリップコーヒーですが、器具や意識していること一つで味わいが大きく変化します。

『絶対に必要なもの』

  • コーヒードリッパー
  • フィルター
  • 美味しいコーヒー豆
  • カップorコーヒーサーバー

『あると劇的に美味しくなるもの』

  • スケール
  • タイマー
  • コーヒーミル
  • 温度計

『あると便利なもの』

  • 細口ケトル

とりあえずコーヒーを淹れたい方には『絶対に必要なもの』を。

より美味しく、お店のように淹れたい方には『あると劇的に美味しくなるもの』と『あると便利なもの』を揃えるのをおすすめしています。


絶対に必要なもの

コーヒードリッパー

まずはこれがないとコーヒーを淹れられないですよね!
ただ、種類が多くて迷っている方も多いかと思います。

それぞれに味の特徴や良さがあるのですが、ロクメイコーヒーでは、KALITA WAVE ドリッパーをまずはおすすめしています。

どんな人が淹れても美味しく淹れやすいドリッパーで、TOMIO ROASTERYでは実際にこのドリッパーを使ってドリップコーヒーを淹れています。

金属や陶器など素材も色々ありますが、こちらは見た目で好きなものを選んで良いかと思います!(厳密に言うと熱の伝わり方が違うので若干の差はありますが、大きな味の変化はありません)

フィルター

それぞれのドリッパーに合った形のフィルターを選びましょう!
KALITA WAVEドリッパーの場合はWAVEフィルターです。

フィルターもペーパーフィルターだけでなく、中には金属のフィルターや紙自体の厚みが違うものもあり、こちらもこだわっても面白い世界ですね!

美味しいコーヒー豆

一番大事なポイントです!
ぜひぜひバリスタにおすすめのコーヒーを聞いてみてくださいね。

好みに合わせて、いつものコーヒーを選ぶのもよし、毎回別の色んなコーヒーを試すもよし。

コーヒー豆を選ぶときはいつもドキドキワクワクですね!

マグやサーバー

ドリッパーから落ちてくるコーヒーを受け止めるために必要になります。
お気に入りのカップやマグで飲むと気分も上がります。

味わいに関係のある部分で言うと、保温性です。

スペシャルティコーヒーの風味は、温度の変化によって感じ方が大きく変化します。
温かいうちは高い香りと長い余韻を楽しんで、冷めても甘くて…なんて美味しいコーヒーでも、すぐに冷めてしまっては味わいの変化を楽しめる時間は短くなってしまいますね。

保温性の高いカップやサーバーを事前にしっかり温めることで、コーヒーの温度変化による味わいをじっくりと、長く楽しむことが出来るようになります。


あると劇的に美味しくなるもの

ここからはよりこだわりの道具の世界です!

スケールとタイマー

コーヒー淹れるのに秤がいるの!?と驚かれる方も多いと思うのですが、プロのバリスタで使っていない人はほとんどいません。
毎回同じ分量で時間を守って淹れることで、劇的に味わいが安定します。
どのタイミングでどれだけ注いだかということや、コーヒーの濃さで味わいは大きく変化します。

中にはタイマーと一体型のスケールもあります!便利かつ、見た目もかっこいいものが多いですね。

コーヒーミル

コーヒーミルで挽いているところ挽きたてはやはり香りが立って美味しいですよね!
コーヒーは粉にすることで、空気に触れる面が大きくなり、酸化して徐々に風味が落ちていきます。
ロクメイコーヒーでは挽いたコーヒーも3ヶ月と賞味期限としていますが、より美味しく飲んでいただきたいので、ご自宅でコーヒーミルを使うのをおすすめしています。

また、コーヒーミルのそれぞれの性能でも味わいは大きく変わってきますが
まずはお手頃なミルで挽きたてを試してみるのが良いかと思います。

温度計

お湯の温度を測るために使います。
お湯の温度でもコーヒーの味わいは大きく変化します。

ロクメイコーヒーでは93度のお湯でコーヒーを淹れています。
沸騰したやかんからケトルに移し換えると、だいたいこれくらいの温度になるので、測る時間がない時にはこの方法がおすすめです。

『あると便利なもの』

細口ケトル

先が細いとやはり淹れやすさは変わります!
お茶の急須などで代用はできるので、無くても淹れられますが、やっぱ細口ケトルがあるとコーヒーを淹れている気分が上がりますよね!

中には電気ケトルになっているものや、温度系がついているものもあります。
使いやすいものだけで無く、見た目のお気に入りで選ぶのも毎日のコーヒータイムがより楽しくなりますね!


おうちでドリップしてみたいけど…
どうすればいいかわからない…

そんな時はお気軽にご連絡くださいね。
ロクメイコーヒーでは、バリスタやロースターがお好みに合わせてご提案いたします。