6,480円以上のお買上げで送料無料(一部地域除く)・領収書対応可

マンデリンが新しくなりました! インドネシア マンデリン リントン バタックブルー

商品番号 rcso-id-002-nes
ビターな味わい,インドネシア,深煎り,シングルオリジン
販売価格 ¥ 980 税込
[ 10 ポイント進呈 ]
ドリップコーヒー100gで約7杯分。250gで約17杯分が目安です。500gで約37杯分が目安です。

インドネシア バタックブルーの味わい

しっかりとしたコクと心地の良い甘苦さ。

アーシー(大地のような)と表現されるマンデリン特有のハーブの様な香り。

ロクメイコーヒー中では特に深煎りで焙煎している、苦味とコクを楽しめるコーヒーです。

焙煎度は深煎り、上質な苦みとコク。心地よいボディ感に仕上げました。

焙煎度合は、ロクメイコーヒーの中でも最も深い焙煎度に仕上げました。

インドネシアの個性的な風味と、上質な苦みをお楽しみください。

このコーヒーを飲めば、上質な苦みと綺麗な後味の両立を実感いただけることでしょう。

こんなコーヒーが好きな方におすすめ!

深煎りのコクがあるコーヒーがお好きな人には、たまらないコーヒーです。

深煎りコーヒーは、浅煎りコーヒーに比べてカフェインが少ないので、夜の時間にもおすすめです。

Farmer's Story-リントン地域の小農家さんたちの美味しいコーヒーづくり。

インドネシアでは、スマトラ式という特殊な精製方法を行うことで少し独特な見た目と、他の産地ではなかなか味わえないコーヒーの品質が有名ですが、特にリントン地区は組合が少なく流通市場が複雑な地域です。
インドネシア リントン 農家
小農家さんの手によって収穫された完熟豆は各農家さんが果肉除去・発酵水洗いし、ミューシレージが除去されたパーチメントを一次乾燥します。

この時点で水分値は約40%。
この状態は”GABAH(ガバ)”と呼ばれます。

農家さんはGABAHを地域で週に一度開かれる市場に持ち込み、それをコレクターと呼ばれる集買業者が買い取るという流れが一般的です。

40%と水分値が高いパーチメントの状態で取引されるため、品質の優劣を外観から判断するのが難しく、各農家さんとの信用関係も非常に重要なんです。

コレクターは、GABAHを自ら脱穀、二次乾燥し(この状態をLABUと呼びます)、ASALANと呼ばれる生豆(水分値13-15%)にし、比重・スクリーン・手選別などの選別を行います。
コーヒー 脱穀機
ロット毎に精製し、ASALANの状態を自ら確認することで、各農家さんの品質を把握しています。

ユニークな精選方法のため、一般的にはマンデリンは生豆の先が裂けてしまうことがよくあります。

裂けた部分から品質劣化が起こるため、できるだけ丁寧に手選別する必要があります。
コーヒー 選別
これがとても大変なのですが、今回のロットは生産者さんたちはとても厳しく選別を行ってくれています。それが美味しさの秘訣です。

ハーブのような風味が溢れる酸味とマイルドなボディ、クリーンな後味がリントンらしさです。
ぜひ覚えておいてくださいね。

遠く離れたインドネシアで、真面目なクリスチャンのバタック族が多く住む、スマトラ島リントンからお届けします。