ENGLISH
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • tumblr
  • youTube

ROKUMEI COFFEE CO.

  • カート
パストーラ ブラックハニー

こんにちは。ロクメイコーヒーの下峯です。

聞き覚えのある方もいらしゃるかもしれません。

コスタリカのパストーラ農園から、ゴールデンハニーとブラックハニーが入荷しました!

同じ農園の、同じコーヒー豆で、処理方法だけが違うという貴重な2種類のコーヒー豆です。

そんなパストーラ農園のコーヒーの魅力をお伝えしていきます。

目次

  1. ゴールデンハニー、ブラックハニーとは?
  2. コスタリカ パストーラ農園のゴールデンハニーとブラックハニーの味わいについて。
  3. コスタリカ パストーラ農園について
  4. シンプルにコーヒーを楽しむ。そんな体験を。
  5. まとめ
  6. 今回のロクメイセレクションはこちら!

ゴールデンハニー、ブラックハニーとは?

ゴールデンハニー、ブラックハニーは、コーヒーの精製方法(生産処理方法)の名称です。

コーヒーの果実からパーチメントと呼ばれる薄皮に包まれた生豆(パーチメントコーヒーといいます)を取り出し、その周りについているミューシレージという成分を何%残して何日発酵させるか、という方法の呼称です。

より詳しい内容は、また別のよみものでご紹介しますね。

どちらも天日乾燥するのですが、ゴールデンハニーは絶えず攪拌しながら作ります。

その時にコーヒーの表面のミューシレージの水分が抜けていき、表面に薄く張り付くことで金色になります。

ブラックハニーは、初めの1日は動かさず、ミューシレージがしっかりと張り付いてから攪拌を行うことで、黒っぽい色合いのパーチメントコーヒーが完成します。

どちらも、乾燥期間中は丁寧に不良豆の除去や攪拌が行われる、とても労力のかかる精製方法です。

コスタリカ パストーラ農園のゴールデンハニーとブラックハニーの味わいについて。

コスタリカのパストーラ農園は、今から2年ほど前にもロクメイコーヒーで取り扱っていました。

じんわりと長い余韻が続く、甘さで終わっていく心地よさが印象的なコーヒーだったのですが、今回のゴールデンハニー、ブラックハニーもとても美味しく、本当に驚きました。

ゴールデンハニー

パストーラ農園 ゴールデンハニー

きめ細かく、とろっとした質感に加えて、トロピカルフルーツやパイナップルなどのフレーバーを感じました。

まったりした甘さの余韻が続くのですが、甘さが消えると口の中はすっきりしていて、また一口、もうまた一口と飲み進めてしまいます。

温度が覚めてくると、アプリコットのような印象に変化していき、総じて黄色い果実のような印象が、『ゴールデンハニー』という名前にぴったりで、最初の一口から最後の一口までしきりに感動してしまいました…

ブラックハニー

パストーラ農園 ブラックハニー

ヘーゼルナッツやアプリコットのようなフレーバーを感じました。

少し、先入観で「ゴールデンハニーと比べて、ブラックハニーの方がまったりしているのかな?」と思っていたのですが、一口目はゴールデンハニーに比べてすっきりとした印象でした!

ところが、温度が下がってくるにつれて、どんどんと芳醇さを増していきます。

温かいうちは、少し明るい印象があったのですが、温度が覚めるにつれて、ドライレーズンのような風味がふわっと広がります。

どちらも、コーヒーの全体的な味わいをまとめる甘さが印象的ですが、その後口の綺麗さに、『美味しくて、飲みやすさもあって、すぐに飲み切ってしまう。』そんなコーヒーだと感じました。

コスタリカ パストーラ農園について

コスタリカ最大のスペシャルティ―コーヒー産地である、タラスというエリアに位置するパストーラ農園。

コスタリカ パストーラ農園

標高1780m~2000mと非常に高く、豊富な湧水を使用してコーヒーを育てられています。

2013年より、自身でコーヒー豆精製場を設立されましたが、そこでの年間生産量を100袋程度までに絞ることで、細やかな生産管理を行い、高品質なコーヒーを作ることに徹底しています。

ゴールデンハニーを作るのは、エスキベル・ピカドさん。

パストーラ農園 ゴールデンハニー

ブラックハニーを作るのは、マイノル・エスキベル・ピカドさんです。

パストーラ ブラックハニー

高品質なコーヒーづくりに向ける情熱が、届いたコーヒー豆からしっかりと感じていただけることでしょう。

シンプルにコーヒーを楽しむ。そんな体験を。

こちらのコスタリカのゴールデンハニーとブラックハニー。

幅広いシーンで愛される味わいなので、いろんな暮らしの中に溶け込むことが出来るコーヒーだと思いましたが、今回はぜひ『シンプルにコーヒーを楽しむ。』ことをご提案させてください。

フレンチプレス

このパストーラ農園のゴールデンハニーとブラックハニーは、ハニー製法を行う手前まで、本当に全く同じコーヒーなのです。

ロクメイコーヒーでは、年間50種類以上のコーヒー豆を販売しています。

富雄店 試飲台

しかし、同じ農園の同じ品種で、同じ時に同じ場所で育ったコーヒーが、精製方法という処理の方法違いで、どちらもロクメイコーヒーらしい、素材本来の風味が活きていて、甘くてクリーンなカップであることは、稀なことです。

精製方法が違うだけで、こんなにも違った味わいになるんだという驚きや感動は、スペシャルティコーヒーならではの楽しみ。

飲み比べてみたり、毎日交互に飲んでみたり、シンプルだけど、ちょっとコーヒーの奥深さに足を踏み入れてしまった気持ち。

そんなコーヒー体験を、この機会にぜひお楽しみいただけますと幸いです。

フレンチプレスだと、抽出による変化が少なく、素材の味わいをそのままに楽しめますので、おすすめです。

※フレンチプレスの淹れ方については【コーヒーのこと。】フレンチプレスの美味しい淹れ方と楽しみ方。をご覧ください。

まとめ

ロクメイメンバーにもファンの多い、コスタリカのパストーラ農園。

どちらも本当に高品質で、上質な味わいを体感していただけるコーヒーです。
この機会にぜひ、ゴールデンハニーとブラックハニーを飲み比べてください。

今回のロクメイセレクションはこちら!

どちらも完売いたしました。ありがとうございました!

コスタリカ パストーラ ゴールデンハニー

コスタリカ パストーラ ゴールデンハニー¥1,080(税込み)~

コスタリカ パストーラ農園 ブラックハニー

コスタリカ パストーラ ブラックハニー¥1,080(税込み)~