ENGLISH
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • tumblr
  • youTube

ROKUMEI COFFEE CO.

  • カート
フレンチプレス

近年、一般化してきたフレンチプレスですが、皆さまはどこまでフレンチプレスのことをご存じでしょうか?

紅茶を淹れる器具?おしゃれなコーヒー器具?

実は、プロの私たちもとっても重宝するくらい、優れたコーヒー器具なんです。

さらに、ご自宅でもとっても簡単に淹れたてのコーヒーをお楽しみいただけるので、ぜひ暮らしに取り入れていただきたいおすすめのコーヒー器具のひとつです。

そんなフレンチプレスの、いいところやロクメイコーヒーのバリスタがご紹介する、おすすめの美味しい淹れ方。
コーヒー豆の選び方やフレンチプレスにまつわる様々な疑問にお応えしていきます。

このよみものを読んで、フレンチプレスと素敵なコーヒー時間を過ごしていただけますと幸いです。

このよみものの内容をざっくり言うと…

  • フレンチプレスは、お湯を注ぐだけの簡単3ステップ
  • コーヒーオイルの味わいが特徴的で、まったり美味しい!
  • ロクメイのフレンチプレスのレシピは、1つのコツを守るだけ!

目次

  1. フレンチプレスとは?
  2. フレンチプレスの特徴
  3. フレンチプレスでコーヒーを抽出できるのはなぜ?
  4. フレンチプレスの味わいは?
  5. ロクメイコーヒーのフレンチプレスのレシピをご紹介!
  6. フレンチプレスの選び方
  7. よくあるご質問
  8. フレンチプレスで、簡単本格コーヒーを。おうち時間をもっと豊かに。

フレンチプレスとは?

フレンチプレスは、フランス発祥のコーヒー抽出器具です。

フレンチプレス

“コーヒープレス”や”カフェプレス”または”プランジャーポット”などと様々な呼称がありますが、フレンチプレスが一般的に使用されています。

紅茶を淹れるときに使用されるイメージがある方もいらっしゃるかと思いますが、
実は、コーヒーのために作られたものなのです。

抽出方法は至ってシンプル。
フレンチプレスにコーヒー粉を入れ、お湯を注ぎ4分間待つだけ。

「自宅でコーヒー淹れてみたいけどなんだか難しそう…」と悩むあなたに、自信をもっておすすめできるコーヒー器具です。

フレンチプレスの特徴

フレンチプレスの最大のメリットは、何といっても抽出テクニックが不要なところです。

湯量、粉量、蒸らし時間を決めて手順通りに作れば、誰でも味わいがあるコーヒーを淹れることができます。

また、コーヒー粉を入れてお湯を注いだ後は、できあがるまで数分放置しておけるのもポイント。忙しい朝などでも時間を有効活用できるのは嬉しいですね。

フレンチプレスでコーヒーを抽出できるのはなぜ?

フレンチプレスは、コーヒーをお湯に浸けて、美味しい成分を引き出す「浸漬式(しんししき)」と呼ばれる抽出方法です。
水出しコーヒーも、同じ浸漬式にあたります。

フレンチプレス

反対に、ドリップコーヒーを代表するようなコーヒーにお湯を注ぎ、すぐに濾して抽出する方法を透過式と言います。

透過式に代表されるハンドドリップコーヒーは、コーヒー成分を引き出す際に変化を起こす時間や、衝撃(お湯を注ぐ勢いなど)など様々な要因が大きく影響して、味わいに変化を与えます。

一方フレンチプレスでは、そのほとんどの要因が固定されるので、安定して美味しいコーヒーを楽しむことができるんですね。

その分、ドリップコーヒーよりも、ゆっくりとコーヒー成分を引き出すため、抽出時間は少し長くなります。

フレンチプレスの味わいは?

フレンチプレスで淹れたコーヒーの味わいは、まったりとコクのある味わいが特徴です。

金属のフィルターなので、コーヒーオイルがたっぷりと抽出されるのも、フレンチプレスの味わいの大きな特徴です。

粉の挽目と、粉とお湯の比率さえ守れば素材の味がしっかり引き出される本格的な味わいを簡単にお楽しみいただける優れもののコーヒー器具です。

ロクメイコーヒーでも、新しいコーヒー豆が入荷した際や、季節ブレンドの試作はフレンチプレスを使用します。

これも、人が手で淹れる際に起きてしまう抽出のブレを防ぎ、素材の味わいをダイレクトに伝えてくれるからです。

ロクメイコーヒーのフレンチプレスのレシピをご紹介!

フレンチプレスがいかに優れもののコーヒー器具か分かったところで、ロクメイコーヒーのレシピをご紹介します!

ドリップコーヒーは、奈良店と富雄店で器具やレシピが違いましたが、フレンチプレスは両店ともに同じレシピでご提供しています。

ロクメイコーヒーのフレンチプレスレシピを大村バリスタに聞いてみました!

 

「富雄店では、店舗の飲み比べセットや試飲のコーヒーなどでフレンチプレスを使用しています。素材の味をダイレクトに感じていただけるので、コーヒーの美味しさを伝える際にとても重宝しています。抽出によるブレがないので、ご自宅でもぜひご利用くださいね。」

〇準備するもの
フレンチプレス
コーヒー豆(中挽き):16g
お湯:250cc(92~93度が適温です。)
ミル ※なければコーヒー豆を中挽きでお買い求めください
タイマー

フレンチプレス

1.コーヒーの粉をフレンチプレスに淹れます。

こぼさないように、ゆっくりいれてください。

フレンチプレス

2.タイマーを4分でセットして、フレンチプレスに沸騰したお湯を250cc注ぎます。

フレンチプレス

この時、粉全体が素早くお湯に触れるように注ぐことが、フレンチプレスでの抽出をさらに美味しくするたった一つのポイントです。
ドリップのように優しく注ぐ必要はありません。

注ぎ終わってから、タイマーをスタートしましょう。

その後蓋を乗せて、お湯が冷めないようにします。(プランジャーはまだ下げません)

フレンチプレス

3.4分経ったらプランジャーを押し下げてください。

フレンチプレス

プランジャーを押し下げる際は、特に気を付けることはありません。
ご自身のやりやすいように、押し下げてください。

4.完成!カップに注いで、淹れたてのコーヒーを存分にお楽しみください!

フレンチプレス

美味しいコーヒーが完成です!

カップを事前に温めておくと、アロマが高い時間が長くつづきますよ。

フレンチプレスの選び方

この読み物を読んで、「簡単で、美味しそうだし始めてみようかな…」なんて思っていただけたら、これ以上嬉しいことはありません。

しかし、次に出てくる問題は、「フレンチプレスもいろいろ種類があるけど、どうやって選べばいいんだろう?」ではないでしょうか。

結論から言うと、なんでも良いです。

その理由は、基本的にどのフレンチプレスも構造は同じで、美味しく抽出できるようになっているからです。
ただし、1,000円以下のものなど、あまりに安すぎるものを購入する際は、気をつけてください。

具体的に、選ぶポイントをご紹介していきます。

フレンチプレス

デザイン

お気に入りのデザインで決める。これが一番多いかもしれません。デザインが素敵なものも多いので、インテリアの一部としても活躍します。

なにより、自分が気に入ったフレンチプレスでコーヒーを淹れる時間は、さらに素敵なひと時になること間違いありませんよね。

価格

予算でお選びいただいても良いかと思います。

基本的に、ブランドやサイズ、素材等で価格は変わります。
あまりに高すぎる!というものはあまりないかと思いますので、ご自身のお財布事情に合わせてお買い求めいただくことも、ポイントの一つだと思います。

買いやすさ

最後は、買いやすさです。近所のお店で買うのも、ネットで買うのも、あなたの買いやすいところで、すぐに手に入る。

信頼しているお店だから、買いやすい。なんて選び方もあるかと思います。
よっぽどのことがない限り、買って後悔した…となることが少ないコーヒー器具だと思いますので、あなたの暮らしに合わせて、お買い求めください。

よくあるご質問

Q:ちょっと薄いと感じました、どうすればよいですか?

A:コーヒー豆の挽目を細かくしてみましょう。
それでも薄いと感じられる場合は、お湯の温度を上げてみてください。

Q:微粉が気になります…

A:これもフレンチプレスの特徴!として楽しめたらよいのですが…好き嫌いはどうしても発生してしまいますよね。

最後の1滴まで注がずに、少し残してカップに注ぐと微粉は少なくなります。
また、フレンチプレスの特徴であるコーヒーオイルがカットされてしまいますが、ペーパーで濾すことで、微粉を除去することも可能です。

Q:焙煎度で淹れ方を変えるべきですか?

A:特に変える必要はないです!
ロクメイコーヒーでも、特に淹れ方を変えることはありません。
浅煎りのエチオピアやケニアも、深入りのサルサワブレンドもマンデリンも同じ淹れ方で抽出しています。

Q:抽出前に、フレンチプレスを温めたり、コーヒー豆を蒸らしたりしなくてよいのでしょうか?

A:部屋の温度が極端に低く、フレンチプレス自体がキンキンに冷えてしまっている。なんてことがない限りは、特に不要かと思います。

コーヒー豆の蒸らしに関しても、基本的には不要です。
冷蔵や冷凍をしていたものを解凍してすぐに使う、なんて場合は少し蒸らしてもよいかもしれませんが、蒸らしと分けて注ぐ回数をふやすよりも、注いだ後の時間を少し伸ばすことで調整を行う方が、手軽ですよね。

フレンチプレスで、簡単本格コーヒーを。おうち時間をもっと豊かに。

フレンチプレス

おうちでコーヒー豆を挽いて、お湯を注いでコーヒーを淹れる時間は、あなたの特別なひと時になるはず。
手間いらずに楽しめるフレンチプレスは、きっと素敵な時間を届けてくれるでしょう。

ロクメイコーヒーおすすめのフレンチプレスはこちら

フレンチプレス

フレンチプレス bodum KENYA 350ml ¥3,300(税込)